--.--.-- --:-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

2010.06.05 20:10 (土)  ベビーマッサージとからだのこと

ベビーマッサージには沢山の効果があります

その中でもとっても注目されているのが、

ベビマをすることで分泌されるオキシトシンという愛情ホルモンです。

akeno03.jpg

このオキシトシン、母乳の分泌を促進されるのはよく知られていますが、

人と人の信頼関係を築くホルモンとも言われていて、

授乳の際に母親の脳内では5分に1回大量に分泌されるといわれています。


さらに子供を抱くこと、触れることで多く出てるとされていて、

オキシトシンが出ることで、親子の深い絆が生まれるようです



ベビーマッサージをしている間にこのオキシトシンが

赤ちゃんにもママにもそしてパパにも分泌されます。

ママは赤ちゃんの泣き声や、赤ちゃんを思うだけでも分泌され、

どうにかしてあげたい、お世話してあげたいという母性にも繋がるそうです

akeno04.jpg


オキシトシンを沢山分泌した子どもたちは、

人との信頼関係を築くことができ、

ストレスにも負けない力がつくそうですよ


ベビマに来てくれたママたちを見ていると、

とっても素敵な笑顔で幸せにみちた表情をされています。

きっとオキシトシンが沢山分泌されているのですね~。


ベビーマッサージはスキンシップですが、

こうして知られていない効果や、

体との関連を知るとより楽しくなります

このオキシトシン、とても深いお話なので教室でも詳しくしたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ ベビーマッサージへ Twitter
スポンサーサイト

タグ : ベビーマッサージ スキンシップ オキシトシン ホルモン

テーマ : 親子でスキンシップ - ジャンル : 育児

コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

ベビーマッサージとは

レッスンプラン/資格講座

スケジュール/レポート

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別表示

ブログ内検索


muse baby massage




教室スケジュール/ご予約

プロフィール

お問い合わせ

RSS

リンク

大分ママBLOG

QRコード

ロイヤルセラピスト協会


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。